妊娠線ができたらとにかく保湿が大切!

妊娠線ができたらとにかく保湿が大切!

妊娠してお腹が大きくなってくると気になるのが妊娠線です。
母親の勲章だという方もおられますが、多くの方が出来るだけ作りたくないと思っています。
妊娠線ショックにならないように、妊娠線前兆は見逃さないようにしましょう。
前兆とはどんなものかと言いますと、お腹がかゆくなったり急激にお腹が大きくなるというようなことです。
体質が変わって乾燥してかゆくなる場合もありますが、お腹やバストなど同時にサイズアップしそうな箇所のかゆみは妊娠線前兆の可能性があります。
ですから、かゆみを感じたらすぐに保湿することが大切です。
それと同時に体重管理もしっかりと行い、急激にお腹などが大きくならないようにすることが妊娠線の予防に繋がります。
そういった対策をしていても、気付いたら妊娠線ができてしまっている場合もあります。
妊娠線ができたら、それ以上ひどくならないように、より一層保湿に力を入れることが大切です。
残念なことに、1度できてしまった妊娠線は完全に消えることはありませんが、産後のダイエットと毎日保湿することで徐々に目立たたなくさせることはできます。
どうしても気になる場合は、レーザーなどでより目立たなくすることも可能です。