妊娠線ができたら早めの対応が必須!

妊娠線ができたら早めの対応が必須!

出産に関して悩みだとよくいわれるのが妊娠線です。

 

妊娠線前兆として挙げられるのが、かすかな痒みです。お腹が大きくなって皮膚が伸び、それが限界に達すると皮膚が裂けて妊娠線になります。一度できてしまった妊娠線は消えないため、妊娠線を作らないことが重要なポイントです!

 

妊娠線ができる場所として多くあげられるのが下腹部です。ギリギリ下着で隠れるかどうかといった場所です。

 

そこで止まればいいのですが、ケアを怠ると妊娠線は大きく広がっていくので注意が必要です。すでに皮膚が裂けて赤くなってしまった状態の妊娠線ショックはとても大きいです。出産後一年ほどで赤みは引くものの、裂けてしまった皮膚は元には戻りません。

 

美容整形などで妊娠線を消す手術なども行っているそうですが、中々手の出るものではないですよね。なので、妊娠線ができたら早急にケアをしていくことが大切です。まず大切なのは何よりも保湿です。

 

クリームをたっぷりと塗りこんで皮膚を柔らかくしていきます。一度できてしまった妊娠線を消すことは容易ではありません。ですので、これ以上悪化させないための努力が必要なのです。

 

朝昼晩と常に保湿を心がけましょう。入浴後などにマッサージをしながら塗りこむとより効果的です。妊娠線ができてしまっても、悪化させないための努力がとても大切です。